あらすじ保管所-日本ドラマ編-
テレビドラマの視聴率・主題歌・出演者・あらすじをまとめています。日本のテレビドラマだけでなく海外ドラマ(アメリカ・韓国・台湾・中国)のあらすじ・キャストなどもまとめています。

2017/11 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

ブログ内検索
【スポンサードリンク】


■あらすじ検索
■日本ドラマ
あ行】 【か行】 【さ行】 【た行】 【な行】 【は行】 【ま行】 【や行】 【ら行】 【わ行
■韓国ドラマ
あ行】 【か行】 【さ行】 【た行】 【な行】 【は行】 【ま行】 【や行】 【ら行】 【わ行
■台湾ドラマ
あ行】 【か行】 【さ行】 【た行】 【な行】 【は行】 【ま行】 【や行】 【ら行】 【わ行
■邦画
あ行】 【か行】 【さ行】 【た行】 【な行】 【は行】 【ま行】 【や行】 【ら行】 【わ行
■洋画
あ行】 【か行】 【さ行】 【た行】 【な行】 【は行】 【ま行】 【や行】 【ら行】 【わ行

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大竹心(藤木直人)を殴った小島春太(阿部サダヲ)は、自分がまた壊れてしまったのではないかと怖くなり、混乱しながら倉庫を出ていく。鴨田静(山口智子)は、軽く出血していた心を気遣うが、心はなぜかポカンとしている。

春太は、公園をぼんやりと歩きながら、ベンチに座っていた葉山みやこ(水原希子)を見つけた。いつものように一方的にしゃべりながらも、みやこは春太の様子がおかしいことに気づき、何かあったのか、と聞く。春太が、心を殴ったことを明かすと、みやこは意外にも春太を気遣った。春太は、そんなみやこの優しさが嬉しくて、切ない。

そこへ、心がふたりを迎えに来る。春太もみやこもまともに心の顔を見られないが、心はいつもの笑顔だった。心にうながされて、歩き始めるふたり。道すがら、春太は心に謝ろうとするが、心はそれを制する。帰るまで今日あったことについてしゃべってはいけない、と静に釘を刺されているという。そんなことを素直に明かす心にツッコミを入れているうち、3人は和んだ雰囲気で帰宅する。そんな3人を迎えた静は、軽く不機嫌になりつつも、部屋に入るように指示する。

春太、みやこ、心を前にした静は、みやこのストーカー問題と、春太による心の殴打事件について、中立の立場の自分が仕切るのが適任だと言って話し始める。冷静に問題点を挙げ、解決方法を理路整然と提示していく静。やがて、みやこの問題になった時、春太がみやこを擁護する発言をし…。

以前・以後のあらすじは、心がポキッとね:あらすじ保管所-日本ドラマ編-から見れます。

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dramaniatv.blog17.fc2.com/tb.php/6920-c6c9ff12
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。