あらすじ保管所-日本ドラマ編-
テレビドラマの視聴率・主題歌・出演者・あらすじをまとめています。日本のテレビドラマだけでなく海外ドラマ(アメリカ・韓国・台湾・中国)のあらすじ・キャストなどもまとめています。

2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ブログ内検索
【スポンサードリンク】


■あらすじ検索
■日本ドラマ
あ行】 【か行】 【さ行】 【た行】 【な行】 【は行】 【ま行】 【や行】 【ら行】 【わ行
■韓国ドラマ
あ行】 【か行】 【さ行】 【た行】 【な行】 【は行】 【ま行】 【や行】 【ら行】 【わ行
■台湾ドラマ
あ行】 【か行】 【さ行】 【た行】 【な行】 【は行】 【ま行】 【や行】 【ら行】 【わ行
■邦画
あ行】 【か行】 【さ行】 【た行】 【な行】 【は行】 【ま行】 【や行】 【ら行】 【わ行
■洋画
あ行】 【か行】 【さ行】 【た行】 【な行】 【は行】 【ま行】 【や行】 【ら行】 【わ行

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

麗(深田恭子)と凛香(寺島しのぶ)は、蝶野(松重豊)に頼まれて蝶野の友人、小坂貴宏(髙橋洋)とその恋人、俊彦(KABA.ちゃん)が予約した結婚式場に関するトラブルの相談を受ける。式場側が結婚式を突然キャンセルしてきたというのだ。二人がゲイだと知って慌てて断ってきたと考えられる。麗と凛香が式場を訪れ、債務不履行と人権侵害の恐れがあると指摘すると、式場は再考すると引き下がる。その説明を聞いた貴宏と俊彦が喜んだのも束の間、貴宏が倒れてしまう。実はガンに侵されていたのである。

小坂と俊彦は養子縁組を済ませていた。愛し合うマイノリティーのカップルが家族として暮らすには、日本では養子縁組をするしか手段がないのだ。ところが、小坂の父親・恒吉(黒部進)が貴宏と俊彦の養子縁組の無効申し立てを起こしたことが分かる。恒吉は、貴宏が俊彦に騙されていると主張し、俊彦に多額の借金があることと、俊彦がかつて別の人物と養子縁組していたことも明らかになる。二人にとって不利な事実が次々と明らかになるなか、麗はゼロベース思考で解決策を考える…。

一方、凛香はセイント法律事務所の葛城(加藤雅也)から、セイント追放を画策したのが工藤(吉沢悠)だったことを告げられる。信じていた部下に裏切られたことを知り、驚く凛香。詰め寄る凛香に、工藤は思いもよらない事実を告げる。

以前・以後のあらすじは、女はそれを許さない テレビドラマデータベースから見れます。

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dramaniatv.blog17.fc2.com/tb.php/6587-a69f60eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。