あらすじ保管所-日本ドラマ編-
テレビドラマの視聴率・主題歌・出演者・あらすじをまとめています。日本のテレビドラマだけでなく海外ドラマ(アメリカ・韓国・台湾・中国)のあらすじ・キャストなどもまとめています。

2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ブログ内検索
【スポンサードリンク】


■あらすじ検索
■日本ドラマ
あ行】 【か行】 【さ行】 【た行】 【な行】 【は行】 【ま行】 【や行】 【ら行】 【わ行
■韓国ドラマ
あ行】 【か行】 【さ行】 【た行】 【な行】 【は行】 【ま行】 【や行】 【ら行】 【わ行
■台湾ドラマ
あ行】 【か行】 【さ行】 【た行】 【な行】 【は行】 【ま行】 【や行】 【ら行】 【わ行
■邦画
あ行】 【か行】 【さ行】 【た行】 【な行】 【は行】 【ま行】 【や行】 【ら行】 【わ行
■洋画
あ行】 【か行】 【さ行】 【た行】 【な行】 【は行】 【ま行】 【や行】 【ら行】 【わ行

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春菜(宮﨑香蓮)が置手紙を残し、再び「カフェラストランあや」から家出してしまった。資格を取るようにと勧めていた昇(安田章大)は春菜の行方を追い、前回、大悟(舘ひろし)が春菜を探しに巡ったようにマンガ喫茶を夜通し探し歩いたが、手がかりすら掴めず、春菜の身を案じた大悟、綾(浅野温子)、そして従業員たちは不安を抱えたまま朝を迎えていた。
このままでは店の営業に支障を来たしてしまうと考えた大悟は、自分から店を出て行った春菜のことは忘れようと、あえてみんなに言い聞かせる。その裏で、春菜を店に紹介したケースワーカーの浦部(山崎樹範)を尋ね、もし春菜が浦部を頼って現れたら、店から離れたいと考えた春菜の意志を尊重し、こっそりと手助けしたいと申し入れる。
家出のきっかけを作ってしまったと自責の念にかられる昇は、今の春菜がしがらみなく顔を出せる唯一の場所だと考えたつ(渡辺美佐子)の「憩いの家」で待つことにする。

一方、香子の見合い相手の川合剛(田中幸太朗)の両親から頼まれ、しっかりお付き合いするようにとハッパをかけに邦(泉ピン子)が「あや」にやってくる。香子は、春菜が店をやめて人手がたりないからと改めて付き合い自体を断るのだが、邦の追求はやまない。
香子に恋心を抱く涼は、恋敵・剛が現れたことがきっかけとなり、「プロポーズできる男」を目指して、断念していた小説を書き始める。

そんな折、春菜が「憩いの家」に現れる。「店に帰ろう」と説得する昇だが、自ら家出した今度の春菜の意志は強く変わらない。しかし、金も無く行く先も定まらない春菜を昇は見放すことなどできなかった。
そこで、店に帰らなくてもいいという前提で、ある提案を春菜に持ちかけるのだが…。
このことが、後に大問題となることなど、必死の昇はまだ知る由もない。収まりのつかない従業員たちの明日はどうなってしまうのか?

以前・以後のあらすじは、なるようになるさ。 シーズン2 テレビドラマデータベースから見れます。

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dramaniatv.blog17.fc2.com/tb.php/6348-11718013
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。