あらすじ保管所-日本ドラマ編-
テレビドラマの視聴率・主題歌・出演者・あらすじをまとめています。日本のテレビドラマだけでなく海外ドラマ(アメリカ・韓国・台湾・中国)のあらすじ・キャストなどもまとめています。

2021/07 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ブログ内検索
【スポンサードリンク】


■あらすじ検索
■日本ドラマ
あ行】 【か行】 【さ行】 【た行】 【な行】 【は行】 【ま行】 【や行】 【ら行】 【わ行
■韓国ドラマ
あ行】 【か行】 【さ行】 【た行】 【な行】 【は行】 【ま行】 【や行】 【ら行】 【わ行
■台湾ドラマ
あ行】 【か行】 【さ行】 【た行】 【な行】 【は行】 【ま行】 【や行】 【ら行】 【わ行
■邦画
あ行】 【か行】 【さ行】 【た行】 【な行】 【は行】 【ま行】 【や行】 【ら行】 【わ行
■洋画
あ行】 【か行】 【さ行】 【た行】 【な行】 【は行】 【ま行】 【や行】 【ら行】 【わ行

「螺鈿の部屋」に入った患者が、皆あまりにも"理想的"に亡くなっていることに違和感を覚えた白鳥(仲村トオル)は、碧翠院で安楽死が行われているのではないかと田口(伊藤淳史)に告げる。にわかには信じがたい田口は、巌雄(柳葉敏郎)のルーツをたどるべく、かつて同じ病棟で働いていた東城医大の藤原(名取裕子)の元を訪ねる。そこで、20年前に外科医として第一線で活躍しながらも、過剰な延命治療に反対し、周囲とぶつかっていた巌雄の話を聞く田口。さらに、巌雄のかつての上司だった加賀(山本圭)と出会う。末期のがんを患っているという加賀は、田口に連れられ碧翠院を訪れ、久しぶりに再会した巌雄に、自分の最期を看取ってほしいと頭を下げる。

その頃、姿を消した葵(山﨑賢人)と華緒(相築あきこ)の行方を追って刑事の小幡(池内万作)と碧翠院を探索していた白鳥は、解剖室や桜宮家とは別に、入江につながっている地下通路があるのを発見。そこには車椅子が通ったとみられる車輪の跡と、ボタンが1つ落ちていた。

そこからある推測を立てた白鳥は、田口と共に、人に見立てた流木を入江から流す。翌朝、流木は戸山(渡部豪太)の遺体が発見された浜辺に流れ着いていた。二人は、戸山の遺体が入江から流されたのだと確信。落ちていたボタンは、戸山が亡くなった際に着ていた服のボタンだと判明し、白鳥は葵の犯行を疑う。

一方、安楽死の実態解明にも乗り出した白鳥は、巌雄に「螺鈿の部屋」での看取りを監視したいと申し出る。小百合(水野美紀)は反対するが、結局、次の看取りの時には、白鳥ではなく田口が螺鈿の部屋で看取りに立ち会うことに。
同じ頃、町から離れた場所で身を隠していた葵は、「なんで僕を死なせてくれなかったの?」と華緒に悲しげに尋ねる。しかし次の瞬間、激しい稲光が光り、雷が鳴ると、葵は突然苦しみだして――。

以前・以後のあらすじは、チーム・バチスタ4 螺鈿迷宮 テレビドラマデータベースから見れます。

テーマ:2014年 テレビドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ


トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dramaniatv.blog17.fc2.com/tb.php/6041-4633a5f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
アクセスランキング