あらすじ保管所-日本ドラマ編-
テレビドラマの視聴率・主題歌・出演者・あらすじをまとめています。日本のテレビドラマだけでなく海外ドラマ(アメリカ・韓国・台湾・中国)のあらすじ・キャストなどもまとめています。

2021/07 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ブログ内検索
【スポンサードリンク】


■あらすじ検索
■日本ドラマ
あ行】 【か行】 【さ行】 【た行】 【な行】 【は行】 【ま行】 【や行】 【ら行】 【わ行
■韓国ドラマ
あ行】 【か行】 【さ行】 【た行】 【な行】 【は行】 【ま行】 【や行】 【ら行】 【わ行
■台湾ドラマ
あ行】 【か行】 【さ行】 【た行】 【な行】 【は行】 【ま行】 【や行】 【ら行】 【わ行
■邦画
あ行】 【か行】 【さ行】 【た行】 【な行】 【は行】 【ま行】 【や行】 【ら行】 【わ行
■洋画
あ行】 【か行】 【さ行】 【た行】 【な行】 【は行】 【ま行】 【や行】 【ら行】 【わ行

マサ(菊田大輔)の部屋を訪れたモモ(足立梨花)。逃げ出すマサを追いかけ、やっとのことで落ち着いて話すことができるが、「G3には戻らない、戻れない」と言うマサをモモは思わず引っぱたいてしまう。
モモは落ち込んでG3に戻るが、太陽(要潤)の姿もなく…。
一方、ソリダスワークスでは社長の御堂(石橋蓮司)が緊急の役員会を招集していた。手に取った資料には『天川太陽』の文字…。
G3に無言で戻る太陽に月山(宇野実彩子)は「デスパレート・ハイスクール」のディレクターを太陽にはこれ以上、任せられないと伝える。さらに、プログラマー不足の解消も迫るが、何も答えられない太陽。と、そこへ半田花子(志保)と飯田橋要(石塚義之)が訪ねてくる。新たなディレクターとして振る舞う花子が『次元転換システム改定案』という企画書を見せ、一触即発に。
そして、翌朝、対立するG3メンバーと花子のもとへ驚きのニュースが入ってくる。
ソリダスワークスの“本気”が弱小ゲーム会社とクリエイターたちの魂に襲いかかる!
それは…ソリダスワークスの局長・仙水伊鶴(福士誠治)にも予期しないことであった…。

以前・以後のあらすじは、大東京トイボックス テレビドラマデータベースから見れます。

テーマ:2014年 テレビドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ


トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dramaniatv.blog17.fc2.com/tb.php/6020-1f76ec65
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
アクセスランキング