あらすじ保管所-日本ドラマ編-
テレビドラマの視聴率・主題歌・出演者・あらすじをまとめています。日本のテレビドラマだけでなく海外ドラマ(アメリカ・韓国・台湾・中国)のあらすじ・キャストなどもまとめています。

2021/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ブログ内検索
【スポンサードリンク】


■あらすじ検索
■日本ドラマ
あ行】 【か行】 【さ行】 【た行】 【な行】 【は行】 【ま行】 【や行】 【ら行】 【わ行
■韓国ドラマ
あ行】 【か行】 【さ行】 【た行】 【な行】 【は行】 【ま行】 【や行】 【ら行】 【わ行
■台湾ドラマ
あ行】 【か行】 【さ行】 【た行】 【な行】 【は行】 【ま行】 【や行】 【ら行】 【わ行
■邦画
あ行】 【か行】 【さ行】 【た行】 【な行】 【は行】 【ま行】 【や行】 【ら行】 【わ行
■洋画
あ行】 【か行】 【さ行】 【た行】 【な行】 【は行】 【ま行】 【や行】 【ら行】 【わ行

里親候補の川島(松重豊)と妻の美鈴(大塚寧々)にどうしたら気に入られるのか、悩むドンキ(鈴木梨央)。
ドンキからそんな悩みを打ち明けられたロッカー(三浦翔平)は、彼女を温かく励ます。
ある日、ロッカーはドンキに頼まれ、川島家の水回りの修理をすることに。
ドンキとロッカーは川島家から帰る途中、もめている若い夫婦を見かける。
妻は夫に殴られそうになり、おびえていた。
その様子を見たロッカーは豹変して、警察沙汰になってしまう。
ドンキはショックを受け、ピア美(桜田ひより)とボンビ(渡邉このみ)も動揺。
一方、ポスト(芦田愛菜)は、ロッカーが暴力を振るったのには何か理由があると考える。
まもなく、ロッカーがコガモの家に戻ってくる。
しかし、ポストとオツボネ(大後寿々花)以外の子供たちはロッカーに不信感を抱き始めてしまう。
そんな中、ボンビは、佐々木(三上博史)と叶(木村文乃)がロッカーについて話しているのを聞いてしまう。二人の話は、ロッカーが施設に入った理由を語り、その内容は衝撃的なものだった――
それでもロッカーを信じようとするポスト。
寄り添うポストに、ロッカーはその口を開き……

以前・以後のあらすじは、明日、ママがいない テレビドラマデータベースから見れます。

テーマ:2014年 テレビドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ


トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dramaniatv.blog17.fc2.com/tb.php/5909-95fa2095
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
アクセスランキング