あらすじ保管所-日本ドラマ編-
テレビドラマの視聴率・主題歌・出演者・あらすじをまとめています。日本のテレビドラマだけでなく海外ドラマ(アメリカ・韓国・台湾・中国)のあらすじ・キャストなどもまとめています。

2021/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ブログ内検索
【スポンサードリンク】


■あらすじ検索
■日本ドラマ
あ行】 【か行】 【さ行】 【た行】 【な行】 【は行】 【ま行】 【や行】 【ら行】 【わ行
■韓国ドラマ
あ行】 【か行】 【さ行】 【た行】 【な行】 【は行】 【ま行】 【や行】 【ら行】 【わ行
■台湾ドラマ
あ行】 【か行】 【さ行】 【た行】 【な行】 【は行】 【ま行】 【や行】 【ら行】 【わ行
■邦画
あ行】 【か行】 【さ行】 【た行】 【な行】 【は行】 【ま行】 【や行】 【ら行】 【わ行
■洋画
あ行】 【か行】 【さ行】 【た行】 【な行】 【は行】 【ま行】 【や行】 【ら行】 【わ行

東城医大病院心療内科の特別愁訴外来担当医・田口公平(伊藤淳史)は、ある日、病院長の高階権太(林隆三)の命を受け、地方の総合病院「碧翠院」へ派遣される。
碧翠院では、回復の見込みがない患者の痛みを緩和し、積極的延命治療よりQOL(生活の質)を高めることを尊重する“終末期医療”に取り組んでおり、院長の桜宮巌雄(柳葉敏郎)は周辺の死因不明遺体の検死を一手に引き受ける警察医も兼務。患者たちからの信頼も厚く、碧翠院は町の人にとって、なくてはならない病院となっていた。

田口を出迎えたのは、巌雄の長女で緩和ケア医でもある桜宮小百合(水野美紀)と、次女で産婦人科医の桜宮すみれ(栗山千明)。さらに、そこにはなぜか、皮膚科医・白鳥圭輔(仲村トオル)の姿もあった。

ある思惑を抱いて病院に潜入していた白鳥は、院内で、久しぶりに碧翠院を訪れたという放射線科医の立花善次(宅間孝行)に声をかけられる。これから桜宮一族に会いに行くという立花は、「この病院で行われていることは重罪だ」と告げ、2人は後ほど会う約束を交わす。しかし、時間になっても立花は現れず、不思議に思った白鳥が勤務先の長野の病院を訪ねると、立花は数日前から失踪していた。そして、碧翠院に戻った白鳥が巌雄にその事実を告げた次の瞬間、遠くで爆発音が響く。

町では、工場でガス漏れによる爆発事故が発生。現場に駆け付けた巌雄は、設備が整っていない碧翠院では重傷患者の手術ができないと悔しさをにじませる。するとそこへ、白鳥が呼んだドクターヘリが到着。中から降りてきたのは、白鳥の同期で“ジェネラル・ルージュ”の異名を持つ天才救命医・速水晃一(西島秀俊)だった。一方、すみれの患者で臨月の妊婦・木下佐和(佐藤めぐみ)は爆発により母子共に危険な状態に。すみれは難しいオペの執刀を躊躇するが、佐和の父・和雄(前田吟)ら家族の願いと田口の説得により、処置室へと急ぐ。そして、懸命の治療の甲斐あって、佐和は無事男の子を出産。心から喜ぶ和雄の姿を見た田口は、余命宣告され碧翠院への入院を希望していた和雄の本心を見抜き、在宅診療の道があることを伝える。

事態が落ち着くと、白鳥は病院のスタッフルームへ向かい、再び立花の話を持ち出す。

すると、白鳥が医者ではなく厚生労働省の官僚であると最初から気付いていたと告げる巌雄。さらに、田口が白鳥と数々の難事件を解決してきたことも承知のうえで「碧翠院で医療ミスでも暴きたいのか?」と挑発する巌雄。白鳥は、立花が勤務していた病院と巌雄との意外な接点、さらに、自分宛てに届いた『助けて』と書かれた“碧翠院に関する匿名の手紙”を巌雄に突きつけるが、巌雄は「好きなだけ調べればいい」と不敵な笑みを浮かべて――。

以前・以後のあらすじは、チーム・バチスタ4 螺鈿迷宮 テレビドラマデータベースから見れます。

テーマ:2014年 テレビドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ


トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dramaniatv.blog17.fc2.com/tb.php/5817-8affb6ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
アクセスランキング