あらすじ保管所-日本ドラマ編-
テレビドラマの視聴率・主題歌・出演者・あらすじをまとめています。日本のテレビドラマだけでなく海外ドラマ(アメリカ・韓国・台湾・中国)のあらすじ・キャストなどもまとめています。

2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ブログ内検索
【スポンサードリンク】


■あらすじ検索
■日本ドラマ
あ行】 【か行】 【さ行】 【た行】 【な行】 【は行】 【ま行】 【や行】 【ら行】 【わ行
■韓国ドラマ
あ行】 【か行】 【さ行】 【た行】 【な行】 【は行】 【ま行】 【や行】 【ら行】 【わ行
■台湾ドラマ
あ行】 【か行】 【さ行】 【た行】 【な行】 【は行】 【ま行】 【や行】 【ら行】 【わ行
■邦画
あ行】 【か行】 【さ行】 【た行】 【な行】 【は行】 【ま行】 【や行】 【ら行】 【わ行
■洋画
あ行】 【か行】 【さ行】 【た行】 【な行】 【は行】 【ま行】 【や行】 【ら行】 【わ行

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浅草の車夫・俥屋陣八(宮川大輔) のウラ稼業は“お助け屋”。その助っ人で芸者のポン太(南海キャンディーズ・しずちゃん)が、“キッチン時代屋”で珍しく考え込んでいた。昨夜のお座敷で、憎い元恋人の荒巻に遭遇していたのだ。
そこへ、会社員の夫が、妻の澤田夏実(MEGUMI)が契約してしまった工事契約書を手に、妻子を連れて陣八に相談に訪れた。ある工務店の“無料シロアリ点検キャンペーン”という言葉に乗せられて、床下を調べてもらうとカビだらけと分かった。三百万円の契約でリフォーム工事したが、それ以来「娘の咳が止まらない」という。まだ残金の百万円を払っていないが、夫は「その工務店が悪質リフォーム会社だということを証明してほしい」という。
その工務店の名前を聞いて、ポン太はハッとする。昨夜、荒巻と会っていたのは、まさにその田淵工務店の社長・田淵凌(高知東生)だったからだ。
(この裏に何かある)と感じたポン太は、即座に依頼を引き受けた。

さっそく、田淵工務店に作業員として潜入したポン太は、腕っ節の強さを田淵社長に見込まれ、工事とは別の特別な“仕事”もやらされた。それは“無料シロアリ点検キャンペーン”を騙って、床下に潜り込みインチキ写真を撮り、「床がカビだらけ」とリフォーム工事に持ちかける悪徳営業。一人暮らしの老人には手土産を用意し何度も足を運び、情に訴える。その場で百万円の値引きをするのも、夏実が騙されたやり口と同じだった。田淵はポン太に「人間には騙す奴と騙される奴の二種類しかいない。騙す奴はかしこくて、騙される奴はバカだ」と言う。

田淵は、夏実の夫が出張で出たすきに澤田家も訪れ、夏実に残金の百万円を払うよう催促していた。陣八と助っ人で元外科医の井口達也(小泉孝太郎)が顔を出したので田淵は大人しく帰ったが、陣八たちは、田淵に胡散臭さを感じていた。

ポン太は、お座敷で田淵が荒巻に「荒巻社長に教えて頂いた方法はいいですねえ」と言っていたのが気になっていた。(独居老人とは別の方法で夏実を騙したに違いない)と思ったポン太は、「旦那に言えへん事情があるんやない?」と夏実に問いかけるが、夏実は「これ以上私たちに関わらないで」と言い出す。

ポン太の想像通り、夏実は睡眠薬を飲まされ、田淵と肉体関係を持ったことをネタに脅されていた。さらに、田淵は、新たに天井も直す二百万円の契約書を作って、夏実にサインを強要していた。

そしてその裏にはもっと恐るべき計画が進行していた。
その夜、荒巻と帝都銀行浅草支店の支店長・村上鉄雄が、町内地図を手にほくそ笑んでいた。二人は田淵を巻き込み、ターゲットを決めて、町内のある一帯を更地にしようと企んでいた。

同じ頃、娘と家に閉じこもってしまった夏実を“キッチン時代屋”の看板娘の萌(有村架純)が訪れていた。「ポン太さんは、本気で夏実さんを助けたいと思ってるの」萌に心動かされた夏実が、ポン太を家に上げる。
ポン太はこれまで胸にしまっていたことを夏実に打ち明ける。
先斗町で芸姑をやっていた頃、ポン太は贔屓客の荒巻に本気で恋をしていた。荒巻は、ポン太の実家の老舗小料理屋が経営難で、ポン太の父親が資金繰りに駆けずり回っているのを知って、金融業者を紹介した。だが、それは悪徳闇金業者で、そのせいで店は潰れ土地は奪い取られ、ポン太の父は亡くなった。
「悲しい思いをするんはうちだけで沢山や。田淵なんかに利用されたらあかん」とポン太は言うが、夏実はまだ真実を話せない。
そんなとき、娘の咳がひどくなり、ついに喘息の発作が! 入院した救急病院に、出張先から駆けつけた夫は、「もうお前には任せられない。おまえは母親失格だ!」と娘を自分の実家に連れ去ってしまう。

娘を連れ去られた夏実は、陣八の下に助けを求めてくる。すかさず、ポン太が陣八を橋の上に連れて行き、陣八を突き落とす。落ちる瞬間、陣八が閃き――

陣八たちは、澤田家に、工務店の田淵社長と主任を呼ぶ。田淵は、ポン太が陣八の仲間と知って憤るが、「騙される方がバカなんやろ」と言うポン太に、ぐうの音も出ない。
陣八が、リフォームしたばかりの壁をハンマーで叩き壊していく。断熱材はなくカビだらけ。田淵の手抜き工事が露呈する。それでも夏実に因縁をつけようとする田淵をポン太が殴り、主任を達也が得意のツボ押しで卒倒させる。
そこへ、闇の掃除人、謎の女が現れる。「孤独なお年寄りや女の弱みにつけこんで家も本人もむしばんだ罪は重い。その身を削って三億ほど稼いで頂きます」

一件落着した“キッチン時代屋”では、萌がポン太を「姉さん」と呼び“弟子入り”し始めていた。そこへすっかり回復した娘を連れた澤田一家が現れる。夏実はポン太に何か言おうとするが、ポン太は「言わんでええ……誰だって言いたくないことはある」と微笑む。遊園地に行く澤田一家を俥に乗せ、今日も軽快に陣八が走りだす。

以前・以後のあらすじは、お助け屋☆陣八 データベースから見れます。

2013年01月~03月期(冬) ドラマ一覧  ・ドラマ動画見放題!

テーマ:2013年 テレビドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ


トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dramaniatv.blog17.fc2.com/tb.php/4888-1066f1a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。