あらすじ保管所-日本ドラマ編-
テレビドラマの視聴率・主題歌・出演者・あらすじをまとめています。日本のテレビドラマだけでなく海外ドラマ(アメリカ・韓国・台湾・中国)のあらすじ・キャストなどもまとめています。

2019/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ブログ内検索
【スポンサードリンク】


■あらすじ検索
■日本ドラマ
あ行】 【か行】 【さ行】 【た行】 【な行】 【は行】 【ま行】 【や行】 【ら行】 【わ行
■韓国ドラマ
あ行】 【か行】 【さ行】 【た行】 【な行】 【は行】 【ま行】 【や行】 【ら行】 【わ行
■台湾ドラマ
あ行】 【か行】 【さ行】 【た行】 【な行】 【は行】 【ま行】 【や行】 【ら行】 【わ行
■邦画
あ行】 【か行】 【さ行】 【た行】 【な行】 【は行】 【ま行】 【や行】 【ら行】 【わ行
■洋画
あ行】 【か行】 【さ行】 【た行】 【な行】 【は行】 【ま行】 【や行】 【ら行】 【わ行

逃亡弁護士 ドラマ ランキング 無料動画情報あり!

成田(上地雄輔)は、五十嵐(佐藤二朗)が殺されている現場で美由紀(村川絵梨)と鉢合わせするが、「殺してない!」と訴える美由紀を信じ、共に現場から逃走。
しかし、2人の姿が監視カメラに写っていたことから、真船(北村一輝)は成田が犯人だと決めつける。美由紀は、嘘の証言に対する報酬を受け取るために、五十嵐に呼び出されたと認める。そして自分を殺し、その遺体と成田を対面させようと五十嵐が画策していたのではないかと口にする

警察に追われ、美由紀と別れた成田は、美由紀のかつての恋人・涼介(石田卓也)に連絡を取ることに。
はじめは成田を慕う態度を見せていた涼介だったが、急にナイフを突き付け、警察に通報されるか顔を切られるかを選べと迫る。涼介は過去に傷害事件を起こし、成田の弁護のおかげで実刑を免れたものの、その相手から報復として、顔を切られたうえ後遺症が残る傷を負わされていた。その傷のせいで大学進学を諦め、美由紀との仲もこじれて別れてしまったと成田を恨んでいたのだ。
だが、涼介の手術代のために美由紀が金策に駆け回っていたことを知った成田は、美由紀に会おうと涼介をなだめる。一方、絵美(石原さとみ)は、まどか(折山みゆ)から成田が五十嵐の殺害容疑で手配されたと聞き、ショックを受ける。

そんな中、不審な行動をとる真船に、検事正の長谷部(光石研)は「身辺を調べさせてもらうかもしれない」と忠告。
それを受け、急に過去の資料を処分しはじめた真船を怪しんだ亮子(矢田亜希子)は、真船の資料を抜き取り、アクサル事務所の過去資料との照合を連光寺(豊原功補)に頼む。成田は美由紀を呼び出し、涼介に会わせるから嘘の証言をしたと警察に出頭するよう交換条件を持ちかける。
ところが、美由紀は突然カッターナイフを取り出し、涼介に会わせろと息巻く。五十嵐の奥の黒幕に辿り着くには、自分の無実を証言してもらうしかないと訴える成田だったが、美由紀は涼介との仲が壊れた原因を作ったと、成田を恨んでいたのだった。成田は、美由紀が五十嵐の嘘に騙され利用されていたことを伝え、自分も涼介の裁判後のケアをもっとすべきだったと謝罪。すべてを知った美由紀と涼介は、成田とも和解し、元の鞘に収まる。

その頃、亮子は連光寺から、二ノ宮(船越英一郎)と真船の親友である南警部補、五十嵐が深く関わっていた冤罪事件、通称『カシワダケース』に真船も絡んでいたと聞く。唯一生き残っている真船が成田を執拗に追う理由とは…。
一方、絵美の元に現れた美由紀は、これから警察に出頭すると伝え、成田の居場所を教える。と、その直後、不審な車が美由紀を拉致!絵美は成田のもとに急行するが、そんな2人を怪しげな男がじっと見ていて…。



以前・以後のあらすじは、逃亡弁護士 テレビドラマデータベースから見れます。

逃亡弁護士のYouTube動画は、 ドラマ ランキング で探そう!

テーマ:2010年 テレビドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ


トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dramaniatv.blog17.fc2.com/tb.php/2582-a9bb13e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
アクセスランキング