あらすじ保管所-日本ドラマ編-
テレビドラマの視聴率・主題歌・出演者・あらすじをまとめています。日本のテレビドラマだけでなく海外ドラマ(アメリカ・韓国・台湾・中国)のあらすじ・キャストなどもまとめています。

2017/05 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ブログ内検索
【スポンサードリンク】


■あらすじ検索
■日本ドラマ
あ行】 【か行】 【さ行】 【た行】 【な行】 【は行】 【ま行】 【や行】 【ら行】 【わ行
■韓国ドラマ
あ行】 【か行】 【さ行】 【た行】 【な行】 【は行】 【ま行】 【や行】 【ら行】 【わ行
■台湾ドラマ
あ行】 【か行】 【さ行】 【た行】 【な行】 【は行】 【ま行】 【や行】 【ら行】 【わ行
■邦画
あ行】 【か行】 【さ行】 【た行】 【な行】 【は行】 【ま行】 【や行】 【ら行】 【わ行
■洋画
あ行】 【か行】 【さ行】 【た行】 【な行】 【は行】 【ま行】 【や行】 【ら行】 【わ行

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
平助 (錦戸亮) が情熱を傾けてきた念願の合同文化祭 「青春祭」 が幕を開けた。
数ヶ月前まで目も合わさなかった東高と三女の生徒たちが、はじけるような笑顔で活気に溢れ青春祭を楽しんでいた。

そんな中、三女の礼拝堂放火事件を引き起こしたという過去に捕われ続けてきた平助は、祐子 (波瑠) の出現もあり、今度こそ事件に決着をつけようと心に決めていた。
礼拝堂に祐子を呼び出し、何もかも告白するつもりの平助の前に、サトシ (永山絢斗) が立ちふさがる。

東京に転校した 中井 (黒島結菜) も加わり、生徒・教師が一緒になりキャンプファイヤーを囲んで二日間行われた青春祭も終わりを迎えようとしていた。文化祭のクライマックスに、平助はついに自分の過去を告白しようと決意し生徒たちの前に立つが、それが意外な展開に… !?

以前・以後のあらすじは、ごめんね青春! テレビドラマデータベースから見れます。
スポンサーサイト
美咲(石原さとみ)は、永人(岩田剛典)からプロポーズされた。荷物を取りに来た際に偶然話を聞いてしまった葉月(松下奈緒)は、永人に返事はしたのか、と美咲に尋ねる。しかし美咲は、いろいろなことが起こりすぎて永人のことをどう思っているのか、自分自身でもわからない、と答え…。

そんな折、永人は美咲にプロポーズのことを再度切り出そうとするが、永人と宗一郎(田辺誠一)の父・永一郎(清水?治)の突然の訪問を受けてしまう。事情を知った永一郎は、「息子の人生を考えたら、親としてこんな結婚は認めるわけにはいかない」と怒り、美咲を追い返してしまい…

そして、出産予定日まで1か月を切った4月のある夜、無事に産んでほしいという葉月と七重(片平なぎさ)の願いも虚しく、美咲の容態が急変しまう。ストレッチャーに乗せられ手術室に運ばれる道中で、美咲は、葉月に対し「もしものときはお願いね…」と後を託し…

以前・以後のあらすじは、ディア・シスター テレビドラマデータベースから見れます。
「TATSUKO YANO JAPAN」として、ひとりでささやかに受注生産を始めたちなみ(沢尻エリカ)だったが、業者から生地が届かず作業が止まってしまう。それは「TATSUKO YANO ORIGINAL」からの妨害工作で、手を下したのはなんとさくら(倉科カナ)だった…!洋服を作ることもできず、顧客の信頼も失い、激しく落ち込むちなみに充(青柳翔)は大五郎から届いた一通の手紙を差し出した。

わけもわからず手紙に書かれていた児童養護施設を訪ねたちなみは、そこで子供たちと遊びながら写真を撮っている西原樹(中丸雄一)を見つける。驚くちなみにこれまでの経緯を説明した樹は、見せたいものがあるとちなみを施設の倉庫へ連れて行く。そこにあったものは…!!

同じころ、充の前にリカ(木村佳乃)が現れた。リカの言葉を聞いた充は不敵な笑みを浮かべると静かに動き出す…。

「TATSUKO YANO」オフィスでは、一方的にリエコ(LiLiCo)の要望だけを押し付けてくるファスベンダー&マッカートニー・ジャパンの方針に凪子(ともさかりえ)たちスタッフはやるせない気持ちを抱えていた。そんなスタッフたちの会話を黙って聞いていた蘭子(余貴美子)が突然高笑いを始め…!!

隆太郎(渕上泰史)がリエコの元へやってきた。突然の隆太郎の発言に驚くリエコだが、さらにそこへリカと充が訪ねてくる。リカはリエコに向かって衝撃のひとことを発し…!!

以前・以後のあらすじは、ファーストクラス 第2期 テレビドラマデータベースから見れます。
年の瀬の夕方、6歳の少年が何者かに公園で誘拐される。
その頃、杉下右京(水谷豊)は、西田悟巳(石田ひかり)という女性の葬儀に参列していた。彼女の遺品に右京宛ての手紙があったため、呼ばれたという。そこには右京への思いが綴られていた。

一方、警視庁では、元東京地検特捜部のエースで、現在は衆議院議員の橘高誠一郎(三浦浩一)の要請で、飛城雄一(平岳大)という男について報告が行われていた。飛城は新タイプの犯罪を次々と考案し、「犯罪の神様」とまで言われている男だというが、正体は警察でも掴めていなかった。

同じ夜、誘拐犯から「子供を返してほしければ、生みの親である梶井素子(川上麻衣子)に1億2千万円を用意させろ」という電話が掛かってくる。指示された身代金の受け渡し方法は、素子が現金を背負って指定場所まで走って来いという奇妙なものだった。警察は万全の警備態勢で臨むが、そこで予想だにしない事態が! 右京と享(成宮寛貴)だけは即座に状況を察し、単独で犯人を追跡するが…!?

同じころ動画サイトに「12月25日、衆議院議員の橘高は必ず罪を犯す」という映像が投稿される。警察庁次長の甲斐峯秋(石坂浩二)は念のため警視庁広報課長の社美彌子(仲間由紀恵)に橘高について調べるよう指示する。
さらに、ある料理屋の女将(大家由祐子)が拉致されてしまう。警察は飛城の尻尾を掴むことはおろか、その目的すら分からないでいた。そんな中、右京と享は、すべての事件にある共通点があることを掴む。それは、右京にも繋がりがあるものだった。

右京に恋した女性の謎の自殺。
犯罪の神様とまで呼ばれる飛城の正体とは?
相次ぐ誘拐と謎めいた予言。その驚愕の目的とは…!?

以前・以後のあらすじは、相棒 season13 テレビドラマデータベースから見れます。
事故を起こし亡くなったトラック運転手・平田(和泉崇司)は、かつて危険ドラッグの使用で起訴されたことがあり、その弁護を忠守(上川隆也)が担当していた。そのことを知った野村涼子(安達祐実)たち遺族は、麗(深田恭子)と凛香(寺島しのぶ)にも不信感を抱く。平田の妻・真由美(原田佳奈)は、夫は忠守を裏切るようなことはしていないと訴え、そんな様子を見て麗たちは、5人の子どもと平田運転手が死んだ交通事故は単なる事故だったのかと疑問を持つ。

麗は事件現場に足を運び、平田を知るという老婆、南さん(関えつ子)に事故当日の話を聞くことができた。泰輔(溝端淳平)も近所のピアノ教室が当日レッスンをしていたことを聞き出し、新たな証言を引き出そうと必死だ。凛香は得意な手法を駆使して、トラック事故に関する記録を探り出す。

被告の運送会社は、大金を支払い和解を求めていると代理人・セイントの児玉(竹中直人)は言うが、遺族が望むのは真相究明だ。麗は次々と証人を法廷に送り出すが葛城(加藤雅也)もそれに応じ、一進一退の攻防が続く。やがて、事故当日の意外な事実が明らかになる…。

以前・以後のあらすじは、女はそれを許さない テレビドラマデータベースから見れます。
西之園萌絵(武井咲)はホテルのベッドで目を覚ますと、ふらつきながら教会へとやってくる。警察の規制線をくぐって見上げた天井のガラスは割れたままだった。

萌絵は、犀川創平(綾野剛)に会いに行くと、自分は夢を見ているのではない、と確認するようにつぶやいた。

ホテルに戻った萌絵は、鵜飼大介(戸次重幸)に電話し「ユーロパーク」に真賀田四季(早見あかり)が潜伏しているから捜索要請をしてくれ、と頼む。やがて、鵜飼から連絡を受けた愛知県警の芝池護(小林隆)がやってくる。萌絵は芝池に、自分とともに塙理生哉(城田優)のところへ行き、四季の居場所を聞き出して欲しいと言う。

萌絵と芝池は、ナノクラフト社で塙と藤原博(鈴木一真)と面会する。萌絵は、自分に睡眠薬を飲ませ四季のいる場所に連れていったはずだ、と塙を問いただすが、塙は萌絵の妄想だと言って取り合わない。

同じ頃、犀川はホテルの公衆電話から国枝桃子(水沢エレナ)に電話をかけると、他愛もない話をして電話を切る。すると、ほどなくその電話が鳴った。受話器を取った犀川が名乗ると、相手は四季だった。

塙に相手にされなかった萌絵がロビーに戻ると、藤原がやって来る。藤原は、ナノクラフトを世界一のソフトウェア会社に成長させた塙が、ユーロパークを作ったのは、ここで萌絵に会いたかったからだと話す。さらに、いい物を見せると言って、萌絵を地下へと案内し…。

以前・以後のあらすじは、すべてがFになる テレビドラマデータベースから見れます。
サブロー(小栗旬)は本物の信長でないことを池田恒興(向井理)に知られ、織田家から出て行けと突きつけられる。そんな時、浅井、朝倉軍が合流し、攻めてくるとの報がもたらされた。いざ開戦と逸る家臣たちだが、サブローは両家との和睦を主張。憎しみの連鎖を断ち切りたいと告げるサブローに、家臣たちも納得した。サブローは、竹中半兵衛(藤木直人)を和睦の使者に任命し、浅井と会見の約束を取り付けるよう頼む。だが、羽柴秀吉(山田孝之)が危険だと遮ったため、書状を送ることになった。

軍議後、サブローはこの件が終わったら城を去ると恒興と約束。恒興は、サブローの決意を明智光秀(小栗旬・二役)に報告する。今や家臣たちの信頼はサブローが一身に集めていると語る光秀。すると沢彦(でんでん)は、サブローが去った時こそ実権を取り戻さなくてはならないと諭す。

半兵衛は浅井に行くことを強く遮った秀吉に疑念を抱いていた。その秀吉は、浅井に通じていることを伏せたかったのはもちろん、すでに一計を案じている様子。一方、織田の書状が届いた浅井家は揺れる。やはり身内を亡くした家臣たちの恨みは根深かった。それでも会見に応じようとする長政(高橋一生)だが、思いがけない事件が起きてしまう。

サブローは帰蝶(柴咲コウ)に全てを打ち明けようとするが、上手く話すことが出来なかった。そんな中、サブローは同じ思いを持つ友と信じている長政との会見に臨むのだが…。

以前・以後のあらすじは、信長協奏曲 テレビドラマデータベースから見れます。
駒込建設工業社長・魚住崇(俵木藤汰)の殺人事件は、専務・足立(遠山俊也)の犯行と判明し、疑いも晴れた工藤寛之(高岡奏輔)が、ひき逃げに遭い死んでしまった。事故の目撃情報はなく、現場にブレーキ痕が一切ないことから、殺人の可能性も高いという。拘留中の足立に事情を聞くが、知らぬ存ぜぬの一点張りで拉致があかない。そんな足立が何かを恐れていると感じた桜(仲間由紀恵)は、工藤の妻・小百合(西山繭子)から、高瀬ディベロップの社長・高瀬久美子(筒井真理子)が挨拶に井岡工務店を訪れたとき、工藤の表情が強張っていたことを聞く。工藤と高瀬は何か関係があったのか?

正人(佐藤隆太)の調べによると、高瀬が高瀬ディベロップを立ち上げたのが半年前で、本業は銀座の会員制クラブのオーナーだという。クラブには政財界の大物も出入りしているらしく、高瀬の裏に何者かが関わっている可能性が高い。住民を巻き込んだ「しもふり商店街」の再開発計画が進む中、桜は真相を暴くために、高瀬がオーナーのクラブへホステスとして潜入し捜査を開始する!

以前・以後のあらすじは、SAKURA~事件を聞く女~ テレビドラマデータベースから見れます。
吉田(松野莉奈)が未来からやってきた橘教授(甲本雅裕)の孫であり、かつて彼女がロボサンと一緒に倒した生物兵器が再び地球に接近していること、そしてその生物兵器を今度は皆で倒さなくてはならないことが判明した中で迎えるクリスマスイブ。
吉田がコクピット内にやってくると、異様な雰囲気に包まれたそこには、アコ姉(真山りか)とスーさん(安本彩花)以外のメンバーの姿はなかった…。

以前・以後のあらすじは、甲殻不動戦記 ロボサン テレビドラマデータベースから見れます。
新種ゾンビ(大東駿介)に襲われ、病院に運ばれた凛。何とか一命はとりとめるが、ゾンビウィルスに感染してしまう。
一方晋助は、ゾンビを殺してしまったことへの罪悪感を拭い去れずにいた。
みわがゾンビウイルスに対する強力な抗体を持っていることを発見した幸田は、大森課長に報告。早急に新種ゾンビを使った臨床実験が必要であると話す。町田にも新種ゾンビの献体を強く訴えるが、そこで驚愕の事実が明らかになり…!
そんな中、晋助は感染したばかりの凛が、既にゾンビレベル3に達していることに気付く…

以前・以後のあらすじは、玉川区役所 OF THE DEAD テレビドラマデータベースから見れます。
2004年12月24日事件当日、希美(榮倉奈々)は、野口(徳井義実)に将棋で安藤(賀来賢人)に勝つための対策を教えている一方で、奈央子(小西真奈美)を守るための“N作戦II"の連れ出し役・西崎(小出恵介)の到着を待ちわびていた。だが、この対局に勝ったら、安藤を僻地に赴任させると野口から聞いた希美は、安藤を守るためN作戦IIのことを明かしてしまう。その頃、花屋の変装をした西崎が野口家に到着し、奈央子を連れ出そうとしていたが、そこに野口が現れ…!

2014年。安藤(賀来賢人)からプロポーズをされていた希美は、病気のことを知る成瀬(窪田正孝)からも告白されるが、答えを出せずにいた。そんな中、料亭・さざなみ放火事件の真相を隠していた夏恵(原日出子)との関係にある決意をした高野(三浦友和)と再会。高野から母・早苗(山本未來)の居場所を伝えられるが…。

以前・以後のあらすじは、Nのために テレビドラマデータベースから見れます。
工藤(西村雅彦)の仕掛けた罠に嵌められ、警察に逮捕されてしまったミノワ(松本利夫)。
だが、取調中に隙を突いて警察署から逃走する。夏美(山口紗弥加)はミノワを救うべく、田島一馬(前田公輝)たちを相手に無謀な賭けに出るが…。
一方、養子問題で揺れるカナ(原菜乃華)にも決断の時が迫っていた…。
警察署から逃走したミノワの運命は!?苦悩するカナは一体どんな決断を下すのか!?

そこには衝撃と感動の結末が待っていた…。

以前・以後のあらすじは、ビンタ!~弁護士事務員ミノワが愛で解決します~ テレビドラマデータベースから見れます。
「名医紹介所」の所長・神原晶(岸部一徳)が人知れず、倒れた――。しかも、晶はそのまま紹介所に戻ることなく、大門未知子(米倉涼子)の前から姿を消してしまう。そんな中、「国立高度医療センター」の総長・天堂義人(北大路欣也)が夢見ていた国家レベルの新組織「日本医療産業機構」が、遂に発足。医療に関する全リソースと予算を集中させ、国内外に高度で良質な医療を提供する同組織で、天堂は初代理事長に就任し、とうとう医者として最高権力を持つ地位へと上り詰める。

そんな折、「西京大学病院」の病院長・蛭間重勝(西田敏行)が「国立高度医療センター」へやって来た。蛭間は深刻な高度進行同時性多発大腸がんを発症しており、もはや普通の外科医では手をつけられない状態…。そこで、蛭間は未知子の並外れた腕に最後の望みを託し、自らの執刀医に指名するが、未知子からは「いたしません」と素気無い返事が戻ってくる。

その矢先、一向に家へ帰って来ない晶のことを心配していた未知子は、センター内でほかでもない晶と遭遇する。実は、晶は天堂に頼み、未知子にも内緒で極秘入院していたのだ! しかも、晶の体は肺がん、脳転移、狭心症に蝕まれており、どう見ても手術適応外だった…。だが、未知子にとって晶は師匠であると同時に、心許せる父親のような唯一無二の存在だ。大切な人をどうしてもこの手で守りたい――その一心から「すぐに自分に切らせて」と懇願する未知子。ところが、晶は自分ももう寿命だと言い、愛弟子の申し出を突っぱね、後のことはすべて天堂に一任するとまで言い始めて…!?

“一番やりたくない手術”と“一番やりたい手術”の狭間で苦悩しながらも、気高き戦いを決してやめることのない未知子。果たして、彼女は最後まで失敗することなく、大切な晶の命を救うことができるのか!? そして、医学界の頂点に立った最大の敵・天堂との戦いには、どう決着をつけるのか…。

以前・以後のあらすじは、ドクターX~外科医・大門未知子~ 第3期 テレビドラマデータベースから見れます。
田之倉の将来を思って別れを告げた花笑は突然朝尾からプロポーズをされる。朝尾と結婚なんて考えられない、と思う一方で、朝尾には気を遣わず何でも話せる関係であることを自覚する。そもそも自分は田之倉のことが好きだったのだろうか、好きになるとは一体どういうことか、と自問する花笑。進学のために年内でバイトを辞めることになった田之倉と顔を合わせなくなれば次の一歩が踏み出せるのではないかと思う。田之倉の送別会が終わり、一人帰る道で田之倉から花笑へ感謝と別れのメールを受け取った花笑は……。こじらせ女・青石花笑は幸せを掴むことができるのか!?

以前・以後のあらすじは、きょうは会社休みます。 テレビドラマデータベースから見れます。
「TATSUKO YANO ORIGINAL」の設立によりスタッフはすべて引き抜かれ、ひとりになってしまったちなみ(沢尻エリカ)。また、多額の負債を抱えていたNGSホールディングスは充(青柳翔)の手によってファスベンダー&マッカートニージャパンに売却され、充も職を失っていた。

激しく落ち込んでいたちなみの前に現れた充は、売却時に唯一手放さなかったという「TATSUKO YANO JAPAN」の登記簿を差し出した。しかしちなみは、自分には必要ないと受け取らず去っていく。その一部始終をレミ絵(菜々緒)が見ていて…。

再び竜子(夏木マリ)の下で働くことになった凪子(ともさかりえ)たちデザイナーチームだが、デザインはさせてもらえず竜子の書いたデザインを清書するだけになっていた。一方、竜子もまたリエコ(LiLiCo)にデザインを全否定された。そんななか、薫(市川実和子)と千冬(小島聖)は、リエコの言いなりになっている隆太郎(渕上泰史)から「誓約書」を差し出された。その内容とは…!

就職情報誌を見ていたちなみに、レミ絵が近づいてきた。レミ絵は、人手が足りないからと「FIRST CLASS」編集部でのバイトを勧め、なかば強引に引き受けさせる。翌日、レミ絵に言われて若い女性向けのショップに向かったちなみだが、言い渡されたのはショップ店員体験の仕事だった!不慣れな仕事にちなみが店長にこっぴどく叱られる姿をレミ絵は写真に撮り続け、ほくそ笑み…。

さらに翌日の仕事で、撮影スタジオに呼ばれたちなみを待っていたのは…!

以前・以後のあらすじは、ファーストクラス 第2期 テレビドラマデータベースから見れます。
アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。