あらすじ保管所-日本ドラマ編-
テレビドラマの視聴率・主題歌・出演者・あらすじをまとめています。日本のテレビドラマだけでなく海外ドラマ(アメリカ・韓国・台湾・中国)のあらすじ・キャストなどもまとめています。

2017/06 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

ブログ内検索
【スポンサードリンク】


■あらすじ検索
■日本ドラマ
あ行】 【か行】 【さ行】 【た行】 【な行】 【は行】 【ま行】 【や行】 【ら行】 【わ行
■韓国ドラマ
あ行】 【か行】 【さ行】 【た行】 【な行】 【は行】 【ま行】 【や行】 【ら行】 【わ行
■台湾ドラマ
あ行】 【か行】 【さ行】 【た行】 【な行】 【は行】 【ま行】 【や行】 【ら行】 【わ行
■邦画
あ行】 【か行】 【さ行】 【た行】 【な行】 【は行】 【ま行】 【や行】 【ら行】 【わ行
■洋画
あ行】 【か行】 【さ行】 【た行】 【な行】 【は行】 【ま行】 【や行】 【ら行】 【わ行

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
了(稲垣吾郎)は夫婦のベッドルームに戻って寝るようになっていた。しかし、香苗(酒井美紀)は了に離婚届を渡し、寝室をともにすることを拒否する。

瞬(高田翔)が診療室にやってきて、催眠療法をしたいと言い出した。了は、今の瞬に催眠療法は適切な治療ではないと考えて断る。瞬は冬馬の死をきっかけに、自分の閉ざされた記憶をすべて解放する覚悟をしていた。瞬は、子供の頃から憑りついている幽霊“雨”が雨野あかりという名の少女だと語る。9歳の頃、瞬は複雑骨折をして入院。その病院には“雨”も入院していた。彼女と仲良くなった瞬は「一生、雨以外の女の子は好きにならない」という約束をする。瞬の初恋だった。その後、“雨”は病院で起こった火事に巻き込まれて亡くなる。成長した瞬は瑠衣(吉永淳)を好きになるが、“雨”との約束にずっと縛られていた。男性の冬馬と付き合うなら約束を破ることにはならないと考えた瞬は、ゲイである冬馬を受け入れようとしたのだ。瞬は、誰も裏切りたくない純粋な気持ちと、瑠衣を好きだという抑えられない思いの板挟みになっていた。了には、瞬の苦悩を救うすべはなかった。

了は美姫子(浅野ゆう子)に、施設にいる父親に会いに行ったと報告。了の父親は、すでにこん睡状態だった。さらに了は、香苗(酒井美紀)から離婚届を突きつけられたと話す。家族の崩壊が迫り、子供の頃にバラバラになった家族との辛い思い出を少しずつ取り戻す了。了の母親は、躁鬱を繰り返す双極性障害だった。病に苦しんだ母が了を道連れに車を谷底へ落として死のうした結果、了だけが生き残る。了は、母を追い詰めたのは父が不倫してばかりいたからだとずっと思い込んでいた。しかし、記憶を整理するうちに、父が不倫をするようになるずっと以前から母は病んでいて、父は家族を守ろうと努力していたと分かる。これまで診療室を訪れた生徒たちとの会話の中には、了の記憶の断片と重なる場所、出来事が散らばっていた。さらに、香苗には双極性障害の疑いがあると気付く了。了は、父と同じ状況に陥っていたのだ。美姫子は、香苗との関係をどうするのかと尋ねる。了は、家族を守っていくと決意する。

以前・以後のあらすじは、心療中-in the Room- データベースから見れます。

2013年01月~03月期(冬) ドラマ一覧  ・ドラマ動画見放題!
スポンサーサイト

テーマ:2013年 テレビドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

“お助け屋”のウラ稼業をする浅草の車夫・俥屋陣八(宮川大輔)は、風俗まがいの“メイドカフェ☆ぷりぷり”の摘発を依頼された。オーナーの蓮杖美咲(三浦理恵子)の裏には、地上げ屋の荒巻隆治がいて、日の出通り商店街の組合会長も味方。陣八は依頼された娘の奪還に成功するが、「街おこしの邪魔をする陣八の俥屋の営業を差し止める」と、会長に商売道具の俥を取られてしまう。そして驚いたことに、陣八の幼馴染の帝都銀行浅草支店の支店長・村上鉄雄(細川茂樹)こそ、荒巻と街の地上げを計画する黒幕だった。

そんなとき、オーナーの美咲が、恨みに駆られた元メイドの父親によって刺殺される事件が起きる。美咲の死であっけなくメイドカフェは閉店するが、「街おこし」のため店に出資していた商店街は負債を負うことに。帝都銀行からの融資額は一億円にもなっていて、村上は会長に返済を迫る。
「このままでは商店街が潰れてしまう」と、店を差し押さえられた会長に助けを求められ、陣八はいやとは言えない。陣八最強の敵との戦いが始まる。
「借金させて貸し剥がして別の所に土地を高く売るのが荒巻のやり方だ」と、“お助け屋”の助っ人の元外科医・井口達也(小泉孝太郎)は言うが、陣八は「話せばわかる」と、帝都銀行の村上に直談判に行く。村上の目的は、商店街を潰して新しい複合商業施設を作ること。陣八が情に訴えても、村上は「金を動かす」ことしか考えず、聞く耳を持たない。村上に「一か月で一億用意しろ」と言われ、陣八は啖呵を切る。「わかったわ! 俺が街を助けたるわ!」

“キッチン時代屋”に戻ると、達也たちが待っていた。看板娘・萌(有村架純)も、助っ人の芸者・ポン太(南海キャンディーズ・しずちゃん)も、「街の借金の一億円を背負った」という陣八の話を聞いて呆れ果てる。そんなとき、謎の女に軽口を聞き、どつかれた陣八は、あることを閃く。
日の出商店街を企業名や商品名に改名して金を得る――いわゆる“ネーミングライツ”のスポンサーを探して、陣八は駆けまわる。ところが、陣八の動きを邪魔しようと、荒巻が萌を拉致。わざわざそのことを伝えに“キッチン時代屋”に現れた。荒巻は、ポン太にとって父の仇の憎い男。だが、萌を人質に取られては手が出せない。街の人間も諦め始め、お助け屋は崖っぷちにいた。

そんなとき、四代目陣八(加藤茶)が現れ、奪われた俥を取り戻す。さらに四代目は、ポン太、萌の父の神谷輝道をひき連れ、萌の奪還に成功する。

一方、会長の元へ向かった陣八は、会長に店を売却させようする村上に遭遇。村上は「昔から、明るいだけしかとり柄のない陣八が大嫌いだった。お前が偽善者ぶって人助けなんかするから、イラついて俺も本気になれた」と本心を吐露する。そして「助けられへんかったら、俺の前で死ねや」と言う。

思わぬ村上の本音に落ち込む陣八が、俥のガレージに戻ると、四代目が心臓発作を起こして苦しんでいた。救急車を呼ぼうとする陣八を四代目は制止する。「俺が死ねば、生命保険で金が入ってくる。それで街が救える。それが、俺の最後の仕事だ――」
四代目は「自分を信じるんだ」と陣八に言い遺し、こと切れた。涙をのんで、陣八は立ち上がる。

陣八が、村上の元へ行き、四代目の保険証書を叩きつける。村上は証書を受け取るが、「日の出通り商店街が元通りとはならない」と言い出す。「確かに、街おこしのために融資した金は回収したが、別件で店の運転資金を貸している。その金が回収されるまでは、店は再開させない」というのだ。四代目が命を張って作った金が水の泡になろうとしていた。陣八が怒りをこらえきれずにいたときだった。血相を変えた女性店員が駆け込んできた・・・

なんと、街の老若男女が金を持って集まっていた。四代目に祖母の命を救ってもらった男。陣八がお助け屋の初仕事として娘を助けた団子屋の女将……。その光景を見た村上は思わず悪態をつく。「所詮はその場しのぎ。底辺のもんは底辺らしくでしゃばらずに言いなりになっときゃええんや!」一同の視線に、村上は街の人間を敵に回したことに気付く。街の人間を敵に回して支店長を続けられるわけがない。自らの首を絞めた村上は力なく項垂れる。
そんな村上を「アイツも終わりだな」と見ている荒巻がいた。ポン太は、その姿を見逃さなかった。「アイツが終わりって事は、アンタも終わりやで」ポン太は荒巻に強烈なパンチを浴びせ、復讐を遂げた。

一か月後――
街は見違えるように人が溢れていた。達也は商店街に診療所を開き、女性患者に人気。ポン太は変わらず浅草の名物芸者で朝帰り。あの一件以来、街には平和が訪れ、お助け屋の依頼はない――と言いたいところだが、陣八の携帯電話に連絡が入る。「依頼やで」陣八は、達也とポン太と共に、仕事に向かう。

今日も、陣八の俥が街を走る――

以前・以後のあらすじは、お助け屋☆陣八 データベースから見れます。

2013年01月~03月期(冬) ドラマ一覧  ・ドラマ動画見放題!

テーマ:2013年 テレビドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

波多野卓巳(相葉雅紀)たちは、町田恭一郎(中原丈雄)への肺提供の意志を2人の息子、真一(要潤)と恵介(石田卓也)から得た。そして、生体肺移植の準備を進めるのだが、当の恭一郎に息子たちからの肺提供を拒否されてしまう。そんな時、鳴瀬哲司(髙嶋政宏)が卓巳と橘歩美(多部未華子)の前で突然倒れてしまった。意識を失う寸前、鳴瀬は生体肺移植を成功させて欲しいと卓巳たちに託す。脳腫瘍の腫瘍内出血だった鳴瀬は卓巳によって直ちに処置されるのだが、重篤な状態に陥ってしまった。

恭一郎の拒否により手術を行う事も出来ず、高度先端医療センターの責任者、鳴瀬の不在。石原隆一病院長(大石吾朗)たち病院幹部は恭一郎を転院させることを考え始めた。卓巳と歩美は、真一、恵介とともに恭一郎の病室へ。2人の息子は生きて欲しいと、恭一郎に手術することを訴える。だが、恭一郎は応じようとしない。すると、卓巳が突然、家族の説得に口を挟む。いつになく、熱い口調で真一たちの覚悟を語る卓巳。その思いは、自らの重い宿命にも重なっていた…。

果たして、恭一郎の生体肺手術は行われるのか? 鳴瀬は? そして、卓巳が背負っている宿命とは? 全ての謎が明らかに! 『ラストホープ』ついに完結。

以前・以後のあらすじは、LAST HOPE テレビドラマデータベースから見れます。

2013年01月~03月期(冬) ドラマ一覧  ・ドラマ動画見放題!

テーマ:2013年 テレビドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

母・智恵子(安田成美)に金庫の鍵を奪われたと確信する篠川栞子(剛力彩芽)は、智恵子よりも早く暗号を解いて暗証文字を入手することが、自分たちに残された手だと話す。

その後、栞子と五浦大輔(AKIRA)が「ビブリア古書堂」に戻ると、智恵子がカウンターに座り本を読んでいた。驚いて立ち尽くすふたりに、智恵子は笑顔で微笑んだ。智恵子は栞子に、金庫の中身は何だと思うかと聞く。栞子が、江戸川乱歩の未発表の草稿か何かだろうと答えると、智恵子は「押し絵と旅する男」の第一稿だと言った。「押し絵と旅する男」は乱歩の代表作のひとつだが、第一稿は乱歩自身の手で破棄されたといわれている。それが鹿山明(須永慶)の金庫にあるとは信じられないが、智恵子は鹿山の父親と乱歩の接点を明かした。その意外な事実に志田肇(高橋克実)も驚きを隠せない。

何としても第一稿を読みたい智恵子は、栞子に協力を持ちかける。一緒に暗号を解くなら、第一稿以外の乱歩コレクションは山分けにしてもいい、と。栞子は、自分は鹿山が来城慶子(高樹澪)に残したものを本人に届けたいだけだ、と智恵子の提案を断る。

栞子らは、鹿山と愛人だった慶子との関係を精査するうち、鹿山が乱歩の「少年探偵団」シリーズを別宅から娘の直美(横山めぐみ)が暮らす本宅に移すまでに3年間の空白があることに気がつく。別宅から本宅のソファに隠されるまでの3年間、「少年探偵団」シリーズはどこに置かれていたのか。大輔や志田らが考えを巡らすなか、栞子の携帯が鳴った。それは鹿山の本宅にいた直美からで智恵子が現れた、と伝える電話だった。

以前・以後のあらすじは、ビブリア古書堂の事件手帖 データベースから見れます。

2013年01月~03月期(冬) ドラマ一覧  ・ドラマ動画見放題!

テーマ:2013年 テレビドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

了(稲垣吾郎)に、了の父がいる施設から連絡が入る。父の容体が悪化しているのですぐに会いに来た方がいいと言われた了は、激しく動揺。香苗(酒井美紀)は、そんな了をなだめ、どうするか一緒に考えようと声をかける。

瞬(高田翔)が了を訪ねてくる。了が近況を尋ねると、瞬は口ごもる。そして瞬は、瑠衣(吉永淳)とセックスしたことを打ち明ける。しかし、瞬と瑠衣が付き合い始めたからではないようだった。了は、以前の箱庭療法で瞬が作ったキャンプファイヤーの話をきっかけに、瞬の子供の頃の記憶を探る。瞬は閉じ込めていた辛い記憶を語り始め、10歳のときに行ったキャンプで指導員をしていた男に性的虐待を受けたことを告白。自分が汚れてしまったと思い込んだ瞬は、キャンプファイヤーの炎に飛び込んでヤケドした痕が体に残っていた。

その後、喪服を着た瑠衣が診療室を訪れる。彼女と冬馬は瞬が好きで、3人は仲のいい関係を保っていた。しかし、その関係は破たんし、冬馬が自殺したのだという。瞬は冬馬の葬儀に姿を現さず、姿を消してしまった。瞬が死を覚悟しているのではないかと心配になった了は、瞬と連絡を取ろうとする。

了は美姫子(浅野ゆう子)に、愛人を作って家族を省みなかった父親に苦しめられてきた記憶を語る。美姫子は、その記憶が本当のものなのかと問いかけ、父親に会いに行くことを勧める。彼女は、たった一人の家族である夫を亡くしていた。

以前・以後のあらすじは、心療中-in the Room- データベースから見れます。

2013年01月~03月期(冬) ドラマ一覧  ・ドラマ動画見放題!

テーマ:2013年 テレビドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

次男・勲(市原隼人)は、事件当日の行動に不審な点があった使用人の末松(松下洸平)に父・黒澤文蔵(吉田鋼太郎)を殺したのはお前か、と詰め寄る。そして、末松こそが三男・涼(林遣都)から聞かされていた「もう一人の兄弟」であることを知る。末松は、文蔵は最低の男だ、と吐き捨て、さらに長男・満(斎藤工)と涼についても否定的に語る一方、次男・勲だけは自分の兄として相応しい人間である、と饒舌に話す。

少年時代のある日、自分の父親だと分かった文蔵に会いに行き、自分が息子であることを打ち明けた末松だったが、文蔵から物乞い呼ばわりされ小銭を投げつけられた。

末松は、その時、文蔵への復讐のために生きていくことを決意したのであった。そして、素性を隠し、使用人として黒澤邸で働き始めた末松は、兄・勲への尊敬が強くなるにつれ、自分のやるべきことが何なのか、明白に自覚したと言う・・・。
そんな折、警察署に駆け込み、刑事・入江(滝藤賢一)に、末松の写真を見せ、真犯人の存在を伝えた涼は、入江と共に黒澤邸に急いで向かっていた。  一方、勾留中の満には、起訴が着々と迫り・・・。

以前・以後のあらすじは、カラマーゾフの兄弟 データベースから見れます。

2013年01月~03月期(冬) ドラマ一覧  ・ドラマ動画見放題!

テーマ:2013年 テレビドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

『ロッカビアンカ』の厨房で、仕入れてきた高級な鶏肉を前にご機嫌になっている江崎究(江口洋介)の元へ辰巳沙織(倉科カナ)がやってきた。沙織は遠慮がちに材料費を下げて欲しいとお願いするが、江崎は即答で断った。儲けのために味を落とすわけにはいかないと断固として首を縦に振らない江崎に、沙織は勢いで支配人命令だと言い放つ。江崎はそれならば店を辞めると言い出し、今井耕助(松重豊)と瀬川壮一(ユースケ・サンタマリア)が慌てて止めに入る。瀬川はお金は自分がなんとかすると言って、その場を収めた。

閉店後、店を出てきた大塚弥生(池津祥子)は、冬樹恒彦(勝村政信)とぶつかる。知り合いに似ていると、冬樹にじっと見つめられた弥生は胸をときめかせる。弥生が去った後、冬樹は『ロッカビアンカ』の写真を撮り始めた。同じころ、沙織、今井、瀬川は赤字解消のため、ランチを始めることを決める。

あくる日、今井からランチを始めたいと言われた厨房スタッフは、仕事量が増えると不満を訴えつつ渋々了承する。そこへ江崎が入って来た。反応を恐れつつ、今井がランチの件を切り出すと、江崎は料理が倍作れるということだと快諾する。

ある日、街を歩いていた梶信成(越村友一)と古田博巳(町田宏器)は、消費者金融店から厳しい顔で出てくる瀬川を見かける。ふたりは、沙織らが集まる休憩室でそのことを報告する。すると本宮恵理子(柴本幸)も、瀬川からの支払いが遅れることが多いと仕入れ業者から言われたことを話す。一同は、瀬川が店の金を使いこんでいるのではないかと疑い始める。そこへ、銀行の人が来たと沙織に声がかかる。

来たのは、数日前に店の写真を撮っていた冬樹だった。冬樹は、銀行の融資調査課だと自己紹介し、ローンの返済が3ヵ月滞っていることを告げる。瀬川とは何度か相談していたと言い、今日から3日間で店の収支状況の確認を行うという。改善の見込みがないと判断した場合は差し押さえもあると聞き、驚く沙織たち。冬樹はさっそく帳簿調査を始めるが、そこへ業者に立ち寄っていたため遅れていた瀬川が現れ…。

以前・以後のあらすじは、dinner データベースから見れます。

2013年01月~03月期(冬) ドラマ一覧  ・ドラマ動画見放題!

テーマ:2013年 テレビドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

「はらちゃん、私たちは両思いです」
そう言って、はらちゃん(長瀬智也)たちを漫画の世界へ帰し、さらに自分自身をノートに描き、漫画世界へと行ってしまった越前さん(麻生久美子)。

心配した百合子(薬師丸ひろ子)が越前さんを呼び戻そうとするが、現実の世界に帰りたくない越前さんは、漫画世界に留まろうとする。

心配する漫画世界の面々に、
「私なんかいなくても、あの世界は何も変わらないんです」
と、悲しげに微笑む越前さん。

「そんな越前さんは好きではありません」
自分の世界を、そして自分自身を好きになろうとしない越前さんに、はらちゃんはそう告げると、再び揺れ始めた漫画の世界から、越前さんを現実の世界に連れ出そうとする。

はらちゃんと越前さん、二人の恋の行方は・・・?

以前・以後のあらすじは、泣くな、はらちゃん データベースから見れます。

2013年01月~03月期(冬) ドラマ一覧  ・ドラマ動画見放題!

テーマ:2013年 テレビドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

浅利(浅利陽介)から海に誘われデートをしたものの、浅利に対してどこか違和感を覚えた柏木(柏木由紀)。浅利と再び会う約束を交わしたが…。
一方、今野(今野浩喜)のことを一方的に追いかけていたカオル(平田薫)にもある変化が起ころうとしていて…。
相手の恋愛にまつわる近未来が見えてしまうという特殊能力を通じて恋愛を学んできた、恋愛音痴の柏木。彼女が最後に学んだこととは…?

以前・以後のあらすじは、ミエリーノ柏木 データベースから見れます。

2013年01月~03月期(冬) ドラマ一覧  ・ドラマ動画見放題!

テーマ:2013年 テレビドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

多田(瑛太)は遺品整理を請け負った柏木亜沙子(真木よう子)の経営する「キッチンまほろ」が何者かに破壊されたというニュースを聞き、亜沙子の元に駆けつける。
そのころ、多田便利軒の入り口で行天(松田龍平)が血まみれになった男を見つける。予期せぬ事件に巻き込まれていく多田便利軒。
そして、多田と行天はエレベーターで何者かに襲われ、負傷するという最悪の事態に…血まみれだった男の姿も消えていた。

以前・以後のあらすじは、まほろ駅前番外地 データベースから見れます。

2013年01月~03月期(冬) ドラマ一覧  ・ドラマ動画見放題!

テーマ:2013年 テレビドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

2013年、事件九日後。
「ひばりヶ丘」に報道陣を集めた良幸(安田章大)は、比奈子(宮﨑香蓮)を引きつれ、「何が本当で、何が嘘か、この事件にについて、そして高橋家の人には言えない秘密」について語りだす。ひとり、養護施設で保護されていた慎司(中川大志)は、TVの中の良幸に止めろと叫ぶのだった…。
刑事の結城(高橋克典)に保護された良幸と比奈子は慎司と再会するのだが、会うなり慎司は良幸に掴みかかる。そして、慎司は今まで黙っていた事件の真相を語りだす。

一方、リビングで良幸の会見を扱ったニュースを見ていた真弓(鈴木京香)、啓介(宮迫博之)、彩花(杉咲花)。3人とも釈然としない思いでいるなか、啓介の携帯の着信ランプが点滅する。啓介が玄関からこっそり出てくると、通りに携帯を持った結城が立っていた。ギクリとする啓介に結城は…。

以前・以後のあらすじは、夜行観覧車 データベースから見れます。

2013年01月~03月期(冬) ドラマ一覧  ・ドラマ動画見放題!

テーマ:2013年 テレビドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

“お助け屋”のウラ稼業をする浅草の車夫・俥屋陣八(宮川大輔)の元に、依頼に現れたのは、女子大生の田畑梨香(岡本玲)の母親。梨香がバイト先で援助交際させられているという。そこは、日の出通り商店街に最近できた“メイドカフェ☆ぷりぷり”。「どうか娘を説得して、店を辞めさせて下さい!」
名門女子大に通う梨香だが、実はつい最近まで、お洒落なブランドもので身を固めた同級生たちに、貧乏でブスな外見を「金魚ブス」とからかわれていた。いじめに落ち込んでいた梨香は「あなたもプロの手でかわいいメイドになろう!」というびらに誘われて、“メイドカフェ☆ぷりぷり”へ。オーナーの蓮杖美咲(三浦理恵子)は、怪しい雰囲気の美女で、「あなたは全然ブスじゃない。絶対かわいくしてあげる」と、梨香をメイクとメイド服で変身させた。鏡の自分に恍惚となる梨香に、美咲はささやいた。「洋服やメイクで女の子は変われるの。でもそのためにはお金が必要よね。ここで働いてお金稼いだら、どんどんかわいくなれる。かわいくなって、大学のみんなを見直してやりなさいよ」

梨香の母の依頼をひき受けた陣八と“お助け屋”の助っ人の元外科医・井口達也(小泉孝太郎)が、さっそく “メイドカフェ☆ぷりぷり”へ。店内は満席でオタク風の男たちが、メイドたちとゲームで盛り上がったり、ステージのパフォーマンスに声援を送ったり。陣八たちの席にオムライスを運んできたメイドの瞳は、ケチャップで絵を描くと、「ぷりぷりきゅきゅーん」とハート形を手で作り“愛情を込める”おまじないをする。瞳は「アイドルになるのが夢」というが、十万円を払うVIP会員のことは、「ヒ・ミ・ツ」と明かさなかった。
「ここから先は萌ちゃんに任せますか」と達也に言われて、驚く陣八の前に現れたのは、メイド服姿の“キッチン時代屋”の看板娘・萌(有村架純)! 「お帰りなさいませ、ご主人様」――萌は、陣八に内緒で潜入していたのだ。

“メイドカフェ☆ぷりぷり”では、美咲が週ごとのメイドの売上成績を発表する。VIPルームでの『ハグ一分五千円、膝枕一分三千円』などのオプションや、裏オプションの“ほっぺチュー”で男たちから金を巻き上げ、女の子たちは売り上げを競っているのだ。一位のメイドにはご褒美がプレゼントされたが、最下位の瞳にはクビが言い渡された。「お願いします! もう一度だけ、チャンスを下さい!」土下座してクビを勘弁してもらった瞳は、必死で売り上げを上げるため、男とラブホテルに行く特別裏オプションの“お散歩コース”へ。
そんな店の様子を潜入調査していた萌の正体が、美咲にばれてしまう。だが、盗聴器で萌の危険を聞きつけた達也が、危機一髪、萌を救いだす。
陣八、達也、芸者・ポン太(南海キャンディーズ・しずちゃん)は、作戦会議を開き、情報を整理した。VIPルームでのオプションのうち二割がメイドたちの取り分になる。店は「援助交際はダメ」と言いながら、二時間の“お散歩コース”で援助交際をさせている。逃げ口上を作って、メイドたちの虚栄心や競争心を煽って、風俗まがいのことをさせているのだ。
(だけど、なんでシャッター通りになりかけてる、日の出通り商店街にメイドカフェを作ったんだろう?)陣八が街を俥を引きながら、考えていたときだった。美咲と商店街組合会長が仲睦まじく話しているのを目にする。美咲は祭りのライブのための出資金を会長にねだっていた。名目はあくまで「街おこし」のためらしい。「街おこし」のため、帝都銀行が会長に融資した額はなんと八百万円にもなっていた・・・

その夜、援助交際までしたのに売り上げが少ないため、美咲にクビを言い渡された瞳は、自殺未遂を起こしていた。それを知った陣八は、居ても立ってもいられない。「はよ何とかせな、みんなあの女の犠牲になる……」
陣八はメイドカフェに駆け込み、「こんな店はよ辞めぇ!」と力説する。だが、メイドたちは「うちらはアイドルになるんだから、関係ない」と意に関せず。そんな陣八を美咲と一緒に店内のモニターで見ていたのは、荒巻隆治。美咲の後ろには、荒巻がいたのだ。荒巻は、帝都銀行浅草支店の支店長・村上鉄雄(細川茂樹)と組んで、商店街の地上げを計画していた。美咲は荒巻の指示で、陣八の俥の客のふりをして、陣八をおびき寄せ、待ち構えた屈強な男たちにぼこぼこにさせる。
一方、梨香は、新規の客に“お散歩コース”の指名を受け、ラブホテルへ。客は、達也。達也は梨香に「服を脱ぐように」言う。梨香の耳に「トップになるチャンスよ」と囁いた美咲の言葉が蘇る。涙を流しながら、梨香はボタンを外す。と、達也はメスを手にする。「俺は心臓外科医でね……君の心臓を見てみたい」次の瞬間、達也は、恐怖に駆られた梨香をツボ押しで失神させた。陣八たちは、梨香を母親の見守る家に届けた。究極の恐怖心を味わせる“荒療治”で梨香の目は覚めていた。
だが「これ以上犠牲者を出したらあかん!」と、陣八が店を摘発しようとしていたとき、“キッチン時代屋”に商店街組合会長が現れた。会長は「街おこしの邪魔をする陣八の俥屋の営業を差し止め、俥を商店街で預かる」という。さらに、陣八に追い打ちをかける。幼馴染だと思っていた村上は、商店街の味方。村上は陣八に冷たく言い渡す。「おまえはこの街から出ていけ」
俥も、友情も失った陣八は衝撃を受ける。陣八、万事休す――

以前・以後のあらすじは、お助け屋☆陣八 データベースから見れます。

2013年01月~03月期(冬) ドラマ一覧  ・ドラマ動画見放題!

テーマ:2013年 テレビドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

光生(瑛太)は、付き合いで参加させられたことがきっかけで、アキバ系の人気アイドルグループ『でんぱ組.inc』にすっかりハマってしまう。彼女たちのライブの帰り、『金魚カフェ』に立ち寄った光生は、河口湖の近くで暮らしている父・修一(山崎一)が、亜以子(八千草薫)と一緒に暮らすために、明日迎えにくることを知る。姉の智世(市川実和子)は、そのときに離婚したことを修一に報告するよう、光生に告げた。

帰宅した光生は、愛猫のマチルダとはっさくが開いていた窓から外に出ていってしまったことを知り、愕然となる。慌てて探しに出た光生は、『金魚カフェ』にも立ち寄った。するとそこには何故か結夏(尾野真千子)の姿があった。亜以子にお別れの挨拶にきたらしい。結夏は、光生とともにマチルダたちを探しに行く。

同じころ、灯里(真木よう子)と諒(綾野剛)は婚姻届を書いていた。光生たちに証人になってもらおうか、という諒に、灯里は、何故前のときは婚姻届を出さなかったのか、と尋ねた。諒は、区役所まで行ったが、居なくなった飼い犬を探してほしいと友人から連絡があった件を打ち明けた。そこにやってきた光生たちは、事情を話し、一緒に探してほしいと灯里たちに頼んだ。4人は近所を探し回るが、マチルダたちは見つからなかった。

結夏とともに家に戻った光生は、ひどく落ち込んだようすの彼女を気遣う。しかし結夏は、明日約束があるからもう帰るという。結夏のようすがおかしいことに気づき、引きとめる光生。そこで、結夏が人妻モノDVD出演のための面接に行くことを知った光生は、結夏に対する自分の思いを伝え、何とか説得に成功するが…。

あくる日、『金魚カフェ』に修一がやってくる。連絡を受けた光生は、結夏とともに修一に会いに行く。光生たちが離婚することを知った修一は、結婚とはふたつの家族が縁を結ぶことだ、山梨県と静岡県ではこんな離婚は認められない、というと、いまから結夏の実家に行って両家揃っての家族会議を開く、と言い出す。困惑する光生に、亜以子は、幸せになってくださいと結夏に言ったのだから、そうなれる道まで連れて行ってあげなさい、と光生に助言し…。

以前・以後のあらすじは、最高の離婚 データベースから見れます。

2013年01月~03月期(冬) ドラマ一覧  ・ドラマ動画見放題!

テーマ:2013年 テレビドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

馬場(貫地谷しほり)が退職したショックで沈みこんだままのセンダーたち。しかしそんな様子を見た遠藤(伊藤淳史)はみんなを叱咤し、遠藤班はまた笑顔でカウンターに立つ。
そんなある日、遠藤は今泉(柳葉敏郎)から衝撃の報告を受ける。遠藤に本社への異動辞令が出るというのだ。かつては待ち望んでいたはずのその辞令だが、遠藤は馬場に続いて自分まで成田を離れるわけにはいかないと断ろうとする。しかし穏やかに背中を押す今泉の言葉に、受け入れるしかないのだと理解する。

翌日、遠藤から報告を受けたセンダーたちは驚きを隠せない。戻らないでほしいという一同に、返す言葉がない遠藤。しかしただ1人、森尾(桐谷美玲)だけは遠藤の異動に賛成する。応援するという彼女の言葉に、いつもの厳しさはなかった。

そして遂にやってきた遠藤の成田勤務最終日。この日は人気海外ドラマ「エアポート」シリーズファン向けのツアーに、100人もの旅客が集まっていた。旅客らの楽しげな空気を感じ、嬉しさをかみしめる遠藤。センダーたちも、遠藤の成田最後の仕事を前に張り切る。だがそこへ須永(青柳翔)が現れた。なんとこのツアーの添乗員を務めるという。しかし現地にサイクロンが接近しているとの報告が入り、出発の目処が立たなくなってしまう。遠藤たちは手分けして旅客に状況を説明し、戸惑う旅客に誠心誠意対応する。やがてなんとか出発時刻が決定。これで無事にお客様を送り出せる…そう遠藤が安心した矢先、これまでにないトラブルがあぽやんたちを襲う。

以前・以後のあらすじは、あぽやん データベースから見れます。

2013年01月~03月期(冬) ドラマ一覧  ・ドラマ動画見放題!

テーマ:2013年 テレビドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

角田(山西惇)と同期で組対二課・課長の恩地の遺体が自宅から発見された。現場の状況から毒キノコを誤って食べた事故死と思われた。警察の幹部が毒キノコを誤食したという前代未聞の事態に大河内監察官(神保悟志)の指示のもと、特別に司法解剖も行われるが怪しい点は発見できず事故死として処理されてしまう。

右京(水谷豊)と享(成宮寛貴)は、恩地の妻・由美子の証言から、最近恩地が炭素繊維を扱う企業の女性とこっそり電話をしていたことを知る。さっそくその企業を訪ねた右京と享は、恩地の携帯電話の履歴に残された電話番号が我孫子という人物の所属する部署であることを確認。その部署の女性社員はいずみ(星野真里)一人だけであることを掴む。

いずみから話を聞こうとした右京と享だが、なぜか携帯は通じず、会社を訪ねても留守ばかり。いずみが偶然にもCA養成スクールで悦子(真飛聖)と顔見知りだったこと知り、享は悦子にいずみと一緒に食事をする約束を取ってもらい、そこに向かうのだが…。
一方、右京は同行せず、いずみと連絡がつかないことに不審を抱き一人で別行動し、待ち伏せ。するといとも簡単に会うことができ、ようやくいずみから話を聞くことに成功。しかし、いずみは恩地のことは知らないと証言。悦子の話では、いずみは近々結婚の予定があると言っており、相手はアドリア大使館勤務の井川という日本人男性だという。

恩地が、輸出制限されている炭素繊維を国外に持ち出した外為法違反容疑の捜査を単独で行っていたことがわかった。その容疑がかけられた企業の一つが我孫子やいずみの勤務する会社。ということは、恩地は我孫子といずみに接触していた可能性が高い。さらにいずみの婚約者・井川が、アドリア大使館には存在しないことがわかり…。

一人の刑事の死から日本企業の違法行為を暴いていく右京と享。そして、容疑者へとたどりつくが、思わぬ“敵”に事件は二転三転。はたして正義の裁きは下されるのか?

以前・以後のあらすじは、相棒(11) テレビドラマデータベースから見れます。

2013年01月~03月期(冬) ドラマ一覧  ・ドラマ動画見放題!

テーマ:2013年 テレビドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。